Vivid Photographs by Trung Huy Pham

on

|

views

and

comments

Usually when a museum is flooded with water, something has gone seriously wrong. But at the Fondation Beyeler just outside the Swiss city of Basel, the flooding of the museum is all part of the show: a new site-specific installation called Life by the Danish-Icelandic artist Olafur Eliasson.

The artist has removed one side of the Renzo Piano-designed building (with the architect’s blessing) and let the feature pond—usually separated from the climate-controlled interior by a large glass wall—into the museum. Visitors can navigate the waters, which are up to 80cm deep, using a series of walkways that run in and out of the building. At night, the interior is lit up with blue light.

Eliasson has also dyed the water a fluorescent green and filled it with pond plants, including water lilies and shellflowers selected by the landscape architect Günther Vogt. The water has been coloured using uranine, an organic dye that is commonly used to observe water currents, and which Eliasson has used previously for his Green River (1998) work where he dyed rivers in cities such as Stockholm, Tokyo and Los Angeles.

In an accompanying artist statement, Eliasson writes: “Together with the museum, I am giving up control over the artwork, so to speak, handing it over to human and non-human visitors, to plants, microorganisms, the weather, the climate—many of these elements that museums usually work very hard to keep out.”

The southern side of the building will be open to the elements for the duration of the show, which ends in July. Eliasson writes that “even if no human visitors are in the space, other beings—insects, bats, or birds, for instance—can fly through or take up temporary abode within it.” This possibility is very much part of the work, with the artist adding that when he first spoke to the museum’s director Sam Keller about ideas for the show, he thought to himself: “Why don’t we invite everyone to the show? Let’s invite the planet—plants and various species”.

The show is open 24 hours a day. “Visitors can access the installation at any time. After 9.30pm they do not need a ticket,” says a spokeswoman. She adds that, in terms of non-human visitors, so far there have been “insects, spiders, ducks, a goose and cats.”

Share this
Tags

Must-read

最高カジノサイト一覧

インターネットには、Askgamblers、Trustpilot などのトップ オンライン カジノに関する情報を見つけることができる有益なポータルがたくさんあります。これらのサイトのカタログにあるどの機関も、最高品質のギャンブル エンターテイメントを提供しており、そこでプレーしているので、日本のプレイヤーは決して失望することはありません。 2022年、オンラインカジノは日本市場で非常に人気があります。日本だけでなく、ヨーロッパ諸国からも多くのユーザーがゲームに参加しています。 オンラインカジノおすすめ - カジノアナリスト野崎浩一氏による100%日本語リソース ほとんどのオンライン カジノは一見同じように見えますが、リソースの主な著者である野崎浩一氏は、それらの大きな違いを示すことを約束します。ギャンブル施設を選択する前に、オンライン カジノをどのように使用したいかを検討してください。面白いゲームをプレイしたいですか?次に、ソフトウェアを使用してマルチテーマのスロットをホストするカジノを探す必要があります。モバイルでプレイする予定がある場合は、興味のあるプラットフォームのカジノを見つける必要があります。銀行や金融の制限や速度が心配な場合は、自分に適した方法とスケジュールを備えたギャンブル施設を選択する必要があります. おすすめのオンラインカジノが市場を独占しています。 2021年に日本のプレイヤーが何か面白いものを見つけることがまだ難しかったとしたら、2022年には日本はギャンブルで信じられないほど人気のある場所になっています.合法的な日本の施設に関する膨大な量の情報は、オンラインまたは Facebook で見つけることができます。ソーシャル ネットワークには、ギャンブル クラブに関する十分な情報が含まれています。 カジノアナリスト野崎浩一による日本唯一のオンラインカジノ onlinecasinoosusume.jp! 優れたオンライン エンターテイメント カジノ ポータルを見つけたい場合は、大胆に OnlineCasinoOsusume.JP ポータルにアクセスして、このオンライン機関が最高のリストに含まれているかどうか、および提供されるメリットを確認するオプションがあります。 . onlinecasinoosusume.jp リソースの目的は、日本人向けのすべての安定したカジノ...

A 3D Mural by Artist Leon Keer

Usually when a museum is flooded with water, something has gone seriously wrong. But at the Fondation Beyeler just outside the Swiss city of...

Bright Paintings Full of Color

Usually when a museum is flooded with water, something has gone seriously wrong. But at the Fondation Beyeler just outside the Swiss city of...
spot_img

Recent articles

More like this

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here